横浜AEROSPACEについて

横浜AEROSPACEとは

 横浜AEROSPACE(YAS)は1995年に鳥人間コンテストへの出場を目的に設立されたサークルです。元々、人工衛星コンテストへの出場も併せて行なっていため、航空宇宙を意味するAEROSPACEと名付けられました。

 活動目的は「自分たちの手で、自分たちの作った飛行機を飛ばす」こと。ライト兄弟がおよそ120年前に挑んだ戦いに、今再び挑んでいます。年間製作機数は1機、メンバー全員が作業を分担し作り上げてゆきます。そして7月末の読売テレビ「鳥人間コンテスト」に参加し、その成果を披露します。

   「大空を飛びたい!」「人力飛行機を作りたい!」「新しいことに挑戦したい!」そんな人はぜひ一度見学に来てみてください!

 部員募集情報はこちら、お問い合わせ&アクセス情報はこちらから!

先尾翼型飛行機とは

 横浜AEROSPACEが作ってきた機体はライト・フライヤー号と同じ「先尾翼型」。1979年にドーバー海峡横断に成功したゴッサマー・アルバトロス号も先尾翼型でした。多くのチームが通常型飛行機で挑む中、数少ない特殊な機体で記録の更新を狙います。

各班紹介